コガラだけど緑夢

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

埋入手術後はどの患者さんも多少の違和感があるといいます。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根部が残っているかどうかの違いです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が健全であれば上から冠のような形のクラウンをかぶせる治療ができます。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯以外ですと、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところまだ定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが多くの意見です。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間の使用も問題ありませんが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れてはいけません。

せっかく完了したインプラント治療も治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。

白井田七で健康効果?白井田七の効果は本当か?
人工物のインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント治療です。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

インプラント治療による危険性を広く調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという説があったのではないでしょうか。

それは違います。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていて検査には問題ないのです。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は生涯持つと言われることが多いのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、それだけインプラントの使用可能年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。

インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いということにはなりません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラントを入れるという一連の治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずありません。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればいかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です