井田だけど金村

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前に既往症を完全に治しておくことを忘れないでください。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。

もちろん、こうした既往症があるだけで治療の可能性はゼロにはならないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすように努めましょう。
エクスレッグスリマーの口コミや効果が凄い!効果は本当か?

普段よりも静かに過ごすようにして負荷がかかる身体運動は避けた方が良いです。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

日常的に運動を続けている方なら、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。

インプラントの特長として、噛んだときに安定しており、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもけっこう大事なメリットの一つです。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに丈夫に作られていることはいうまでもありません。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、原則的には一生持つとされていますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、その分、人工歯の寿命も短くなってしまいます。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすく材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

それから、治療後には、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの卓越した技術が必須といえるでしょう。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医の治療を受けようとすればどこの国までも治療を受けに行くことも十分あり得ます。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら安易に妥協せず、可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大事です。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。

あとは、治療が失敗したとき、かなり深刻な問題が起こることもあるデメリットも忘れないでください。

ごくまれなことですが、死亡事故も実際に報告されています。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、まずは口腔内をきれいに保ってください。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です