勝見と滝沢

今流行りのインプラント。

一度埋め込めばその効果は原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。

ろくに歯磨きもしないでいると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数にも影響が出ます。

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせる治療ができます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。

インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、必ず守るようにしてください。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

ですから、見た目を考えればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優位に立ちます。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛さもあるのです。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院することはめったにありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院が必要になることもあるので、注意してください。

このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯にはいくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。
エレアリーナイトブラの口コミや効果を徹底検証!

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを持ち合わせていなければなりません。

これには大変な手間と時間がかかりますから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と、歯科医院の決め方です。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。

治療が失敗すると、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものの問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることが必要条件です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。

歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールは欠かせませんし、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが必須条件です。

人工物のインプラントでも、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です