いおりで森口

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、技術的なコストもかかり、従来の金歯よりも高額になるのです。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と、歯科医院の決め方です。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、様々な症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

それはもちろんのこと、必要な費用についてきちんと話してくれる、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。

麻酔の効き方を確認しながら埋入手術を始めるためです。

ふんわりルームブラの口コミや効果が凄い!でも本当?徹底検証!
麻酔が切れた後で、腫れてきたり多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

インプラントの特徴として虫歯を気にしなくて良いのですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはずっと続きます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察してもらわなければなりません。

どんな問題がインプラント治療にあるかを皆さん、入念に調べたと思います。

その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという話があったのではないでしょうか。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属といっても磁気には反応せず、MRI検査への影響はありません。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用がかさむことに尽きます。

おおむね保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で一概に費用を決められませんし、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることも事実です。

また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に出会おうとすれば、国外までも探しにいくことも考えるべきです。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはそう簡単に断念せず、できるだけ幅広く情報収集するしかありません。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、その部品の接続構造により、複数のタイプに分類することができます。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材から作られています。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、ほぼ全額自費とみるべきです。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安や誤解がないでしょう。

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたありふれたケースのインプラント治療も院内感染の心配はあるものです。

このため、歯科医院を探すときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、命に関わる大事な問題です。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ内で述べている歯科医院もごく普通になっているので、まずはそこを見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です