神林でEvans

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

その点は、担当医の技量に加え、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、患部を冷やすなどの処置をとっても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に関わる問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題もあります。

リスクをできるだけ減らすためには歯科医はよく考えて決めてください。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受ける必要はずっと続きます。

人工物のインプラントでも、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

なぜ適用されないかというと、インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

これを保険適用にしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

一般的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、差し歯は利用しようがないということです。

さて、そこでインプラントですが、これは金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前に既往症を完全に治しておくのがとても大事です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にかなりの危険が伴います。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。

きちんと歯科医に相談することが大事です。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、噛んでいるとグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足が要因となっています。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科で治療を受けるようにしましょう。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前はしなかった口臭がするようになったということも割と少なくないようです。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている場合もあり、単なる口臭と侮れません。

ひょっとして、と思ったら、早期に診察してもらうことが大切です。
プラステンアップが口コミで中高生の間で話題に!

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって適用されるのがインプラント治療です。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部の義歯になる部分を装着します。

おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

どうしても外見や噛み心地を求められるなら、何といってもインプラントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です